お中元定番ギフトおすすめランキング

お中元を贈るマナー・関東では7月初旬から15日ころまで、関西では8月15日までに贈るのが一般的

 お中元は1年の上半期、半年間のお礼と感謝の気持ちを形にして贈る、という意味が一般的で、

お中元贈るマナー


期としては、7月の初旬から15日ころまでに贈るのがよいとされています。
ただ、デパートやギフト店などのお中元商戦が6月中から始まっており、7月は忙しくてお中元を贈るのを忘れてしまいそう、
という場合は、6月中に贈ってしまってもかまわないようです。
どうせお中元を贈るなら、遅くなるよりは早めに贈った方が、贈る方も贈られる方も何かと都合がいいのかもしれません。

 

関東を中心に、7月初旬から15日ころまでがお中元を贈る時期なのが一般的ですが、
日本全国を見てみると、地域によっては贈る時期がずれているところもあるようです。
新潟では8月のお盆前までに、関西や吸収などの西日本では、8月1日〜15日ころまでに贈るのが普通、という声も聞かれます。

 

お中元を贈るときにしておきたいのが、「送り状」の送付です。
上司や先生など目上の方へは、お中元を贈る前にはがきで「お中元を発送しました」という旨を書いて知らせましょう。
先様の都合もあるので、こうした配慮はぜひしておきたいものです。

 

お中元を贈るのが遅くなった時は?

 お中元を贈る時期が遅くなってしまった、という場合は、「暑中御伺」(お盆前まで)「残暑御伺」(お盆過ぎから9月初旬)として贈ります。
先様が喪中の場合でも、季節のご挨拶であるお中元は贈ってもかまいません。
その際も同じように、「暑中御伺」などとして贈ります。

 

その年によっては冷夏で、「暑中」や「残暑」とするにはあまりにも似合わないということもあるでしょう。
そうした時はのしを、「御機嫌伺」「御伺」として贈るとよいでしょう。

 

お中元にお返しは必要なの?

お中元にお返しは不要ですが、礼状だけははがきで送り、感謝の気持ちを伝えましょう。
近況報告がてら、電話でお礼を述べる場合もあるようです。
思いがけずお中元をいただいた場合は、「御中元」とのし書きをして半額程度を目安に送ります。