お中元定番ギフトおすすめランキング

お中元を贈る相手は両親や親戚、上司など「お世話になっている方」

 お中元の始まりは、古代中国にさかのぼります。

お中元贈る時期

道教では「三官信仰」というものがあって、天神を三元の日に祀ったといわれています。
三元とは、上元・中元・下元のことで、それぞれ陰暦の1月・7月・10月の15日でした。
元々は神様を祀る日からお中元が来ているようです。

 

中元に祀る神様は慈悲神様で、次第に仏教の盂蘭盆会=お盆と結びつくようになりました。
これが日本に伝わり、7月15日に仏様に供物を供え、近所や親戚に配るようになります。
地方によっては中元を「盆礼「盆供」と呼ぶところもあり、昔の名残といわれています。

 

江戸時代には一般庶民がしたしい人への贈答をする習慣となり、夏の風物詩的行事へと進化していきました。
今で言うお中元の形は、江戸時代にできたものと言われています。

 

お中元はどんな方へ贈るの?

 お中元は一般的に、両親、親戚、恩師、かかりつけの医師、会社の上司、習いごとの先生に贈ることが多いようです。
一昔前までは仲人に贈るのも一般的でしたが、最近は結婚する際仲人を立てないため、
仲人自体いないというカップルも増えています。

 

両親へお中元を贈るのは、地域やその家によって風習や考え方が違うため、
贈らないという場合もあるようです。
ただ結婚して独立し、両親(義両親)へ日頃の感謝の気持ちを伝えたいという場合は、お中元を贈っても全くかまいません。

 

お中元を贈る方は、上記の方々だけとは限りません。
日ごろお世話になっている方なら、感謝の気持ちを込めてどなたでも贈って良いでしょう。

 

お中元は毎年欠かさず贈るもの?

 お中元は基本的には、毎年贈るものです。
お中元とお歳暮、両方贈ればベストですし、お中元は贈らずお歳暮だけにする、という人もいます。

 

毎年はお中元を贈るほどではないが、お中元代わりにお礼の品を贈りたい、ということもあります。
そんな時はのし紙の表書きを「御礼」とし、心をこめて選んだ品物をお送りします。